店舗でお買い物する時に便利なのがクレジットカードです。何と言っても小銭を出すことなくサイン一つで支払できる利便性に魅力があります。通常はレジでカードを提示する際に1回払いを指定します。その他にも都合に合わせて2回払いやボーナス一括払い、分割払い、リボ払いなどで支払する事が可能です。このうち余裕のない時の支払に便利なのがショッピングリボ払いです。リボ払いでは毎月最少の支払額が設定されると言う特徴があります。定額コースなら追加でお買い物しても毎月の支払額が変わらないために支払しやすいです。その代わりに年15.00%ほどの手数料が掛かります。最少の支払額のままだと支払終了まで長期化しやすいため、小まめに追加支払したいところです。

多くのクレジットカードは、使用に応じてポイントがたまります。頻繁にクレジットカードで支払いを行う人にとっては、とても嬉しいサービスです。特に最近は、ポイントの活用方法が幅広くなり、他のポイントと交換できたりします。自分が良く使うポイントに交換すれば、実質的に現金として使えるようなものですから、お得感も満点です。以前はクレジットカードのポイントと言えばプレゼント交換が主流でしたから、それを思えばクレジットカードを上手く利用して、ポイントをためたくなるものです。公共料金や通信料金などもクレジット払いすることで、ポイントがためられます。毎月支払うものであれば、年間にすれば結構な金額になります。賢くクレジットカードのポイントをためる方法として、おすすめです。

どのような金額を使っているのか、一部のクレジットカードではメールによって通知してくれるサービスが用意されています。通知してもらうことによって、どれくらいの金額を使っていて、現時点で利用している金額がどのようになっているかもわかります。クレジットカードを利用しているときは、こうしたチェックをしていかないと、失敗する可能性があります。使いすぎを防ぐために利用することもありますし、使っている金額をある程度に制限して、それ以上は絶対に使わないようにする取り組みをするために、この方法を使う場合があります。クレジットカードで利用しているメーカーはあまり多くないものの、採用されているところなら安心感が生まれます。

我が家では様々な支払いをクレジットカードで決済することでポイントを溜め、溜まったポイントで商品券をゲットしています。水道光熱費や家賃、電話、保険などをはじめとした固定は勿論ですが、日常的な買い物にもクレジットカードを利用してポイントを溜めるようにしています。これまでで一番高額な金額だったのが結婚式の使用でしたがカードの限度額を上げてクレジットカードで支払いました。ポイントで溜まった商品券を利用して家族旅行に行ったり、洋服などを購入したりしていますので非常に友好的に活用できていると感じています。今後も上手く活用してポイントを溜めていく予定ですが、商品券以外でも魅力的なカタログ商品等がありますのでそちらにも活用していきたいです。

オリコザポイントカードは、2014年に発行開始された新しいクレジットカードです。まだまだ世に出て日が浅いため、知名度は高くありませんが、このカードも非常に利便性の高いお得なカードの一つです。まず、100円ごとに1ポイント溜まるという高還元率が魅力です。楽天カードと同様の率ですが、こちらはAmazonで商品を買う場合にボーナスがつくので、普段からAmazonを利用しているという方にオススメできます。また、オリコザポイントカード独自の特徴として、iDとQUICPayという2つの電子マネーが搭載されているという点があります。2つの電子マネーが扱えるということはそれだけ利用できる範囲も広がるため、煩わしい会計を電子マネー済ませたい!という方にも向いています。

大学生になってから驚いたのは大学生向けのクレジットカードがとても作りやすいという点でした。何しろ申し込み当時にはアルバイトをしていなかったのに審査に通過したのでとても驚きました。実際には親がきちんとした収入があれば大丈夫だったみたいですし、限度額も少なかったのでそれほど大学の費用でしか使いませんでした。それで社会人になってみるとやはり限度額がどうしても少ないというので、そのまま社会人向けのカードにランクアップして現在でも使っています。こちらは海外旅行に関するサービスが大きく追加されているので、現在では出張も多い会社勤めなのでなにかと助かっていますし、マイルなども溜まるのでやはりクレジットカードは自分の生活が変わったらそれに合わせて、増やすなりランクアップするなりした方がいいですね。

年に1回か2回、近場の国へ海外旅行を楽しんでいます。大体3泊か4泊はするので、じっくりと楽しんでいます。海外旅行をする度に思うのは、クレジットカードを持っていればということです。国内での買い物は現金を使用していたため、クレジットカードの必要性は感じられなかったです。しかし、クレジットカードの支払いが主流という国は多いです。そのため、海外旅行をする時に使用するクレジットカードを作成しようと考えていましたが、結局後回しになってしまい、作成せずに終わっていました。それでも、今回は1週間という長期の海外旅行になるため、事前にクレジットカードを作成しておきました。海外旅行にクレジットカードを持ち歩くようになり、買い物がかなり楽になりました。また、持ち歩く現金を減らせるため、防犯面でのメリットも感じています。

皆さんはクレジットカードお持ちですか?私は持っていていつもお世話になっています。そんな私ですが、元々は現金派でカードには否定的でした。しかし、そんな私も今ではカードユーザーです。なぜそうなったか、クレジットカードのメリットについて触れながらお伝えしますね。まず第一に私がクレジットカードを使うきっかけになったのは、信用を得たかったからです。「カードを持てる=支払い能力がある=社会的に信用性がある」なんだと友人から教わり、その時に初めて作ろうと思いました。年会費無料で特典も多いカードがたくさんありますので、入会時に得をすることもよくあります。次にカードのメリットとして挙げられるのが、小銭を持ち歩かなくて済むという点です。但し、あまり頻繁に使ってしまうと、金銭感覚が麻痺してしまいますので、必要な時に便利に使うようにしましょう。私はまだ一枚しか持っていませんが、余裕が出てきたら何枚か作る予定です。

クレジットカードは便利なのですが、やはり審査という点を超えないと使えないのは仕方ないですね。自分に関してはこの点はクレジットヒストリーというものがいい方向に進んだおかげで二枚目のクレジットカードを作ることができたのかもしれません。一枚目は大学時代に作ったものでありそれなりの買い物で愛用していたのですが、それで二枚目をフリーターの時に作ろうということで調べたのですが、やはりフリーターという職業だとちょっと難しいかなという口コミなどがありました。そこで知ったのがこのクレジットヒストリーであり、使用しているクレジットカードで毎月ぐらいで使用しており、かつ返済をしっかりとしていると審査のスコアにプラスになるみたいですね。このおかげか無事に二枚目のクレジットカードを作ることができましたので、こういった点も覚えておくと良いかもしれません。

 ゴールデンウィークやお盆やシルバーウィークは、クレジットカードを使う機会が自然と増えます。それは連休ということの影響でお金をを使うことに対し、あまり我慢しなくなるからです。 大型連休に出かけた先でクレジットカードを使って買い物をするという人は、私だけではないと思います。クレジットカードならば対応しているお店である限り問題なく使えますので、連休中はよく利用しています。 そこでたくさんクレジットカードを使っても大丈夫なようにお金の準備はもちろんしておかなければなりませんが、それさえしていれば気兼ねしません。いつもそれでは困ってしまいますが、大型連休くらいはそうしてクレジットカードを使ったとしても良いのではないかと思います。