クレジットカードとカードローンは似ているようで、全く別物です。クレジットカードは、基本的にショッピングクレジットが中心です。商品を購入する際、一旦クレジット会社が代金を立て替える形となり、その場での支払い無しで商品を手に入れることができます。カードローンでは直接商品を購入することはできません。必要な金額の借入をした後、そのお金で購入する形となります。クレジットカードにもキャッシング機能を付帯させることもできますが、金利が高めです。また、クレジットカードには年会費があるものとないものがありますが、カードローンには年会費はありません。ショッピングやトラベルなどにはクレジットカード、まとまった軍資金の借入ならカードローンが適しています。用途に応じた使い分けが大切です。

私達、夫婦は妻の私はクレジットカードを所持していません。けれど夫が独身時代から所持していたのでそのまま使い続けています。けれど結婚をきっかけに夫からの提案で「自分のカードというよりは家庭のカードとして使う」と決まった為、使う機会は今ではほとんど無くなりましたが冠婚葬祭などで現金での出費が重なる時期などには普段は現金で購入する食材・日用品をその時期にだけクレジットカードで支払いをして必要な現金を手元に残せるようにする為の手段として使っています。そんな使い方でも独身時代からの利用歴もあったのか最近ゴールドカードの案内が届きました。今は切り換えるつもりはないのですがホテル旅館などの優待特典や空港ラウンジの利用などのの詳細を知ってゴールドカードの付帯サービスに興味を持っているので時期を見て夫と健闘してみようと視野に入れているところです。

学生時代にエポスカードを手に入れて5年が経ち、招待の封筒ももらいました。インビテーションであれば年会費無料で使用できるとのことだったので、エポスカードゴールドを作りました。無料で使えるゴールドカードとしては還元率も高いので、現在でも重宝しています。例えば、支払先を「ポイントアップショップ」として2つまで登録してカード払いにすることで、ポイント還元率を3倍に高めることができます。また、年間で100万円以上の使用で、ボーナスとして10,000ポイントが貰えるので、とてもありがたいです。ほかにもポイント永久不滅、カードラウンジ、優待割引のお店が多いといった魅力もあるので、インビテーションが来れば持っていて損はないのかなと思います。

大半の方は1枚は持っていますクレジットカードですが、賢く使うととてもお得で便利なものになります。ネットでお買い物をするとお金で払い自宅に届けてもらいますと、代引き料金が発生してしまいます。コンビニ払いや口座振り込みにしますと、必ず手数料が発生して思っていたよりも金額が高くてビックリする時があるかもしれません。その支払いをカード払いにしますと、代引き手数料が発生しなくなりかなりの差額が発生することになります。カード払いですと後払いになりますしそれが嫌な方もいらっしゃるかもしれませんが、きちんと使った金額分をよけておけば支払いに関する不安もなくなるかと思います。賢いカードの利用は節約にもなりますし、振込む手間も省けます。

私はクレジットカードの存在を知っていたものの、両親も持ってなかったので簡単に持てるものだとは思ってなかった。だけど、18歳になり友達がクレジットカードを持ちはじめてから、簡単に作れるんだとビックリして、私も早速作った。カードを作ってからは、買い物はほぼカードで支払うようになった。自分がいくら使ったかをちゃんと把握していれば、使い過ぎることなないし、手持ちの現金がなくてもすぐに支払いができるのがいい。そして、クレジットカードにはポイントがつくので、ほぼカードで支払いをする私はすぐにポイントが貯まっていく。そのポイントが増えていくのがとても嬉しい。そして、ポイントを貯めてマイルにしたり、買い物をするのが得した気分になる。

きちんとお金の管理のできる人なら、生活費のすべてにクレジットカードを利用するのをおすすめします。これからカードを作るなら、まずは年会費無料のもの、そしてポイントが付くもの。カードのブランドのJCBやVISAなどはお好みであとはプラスαのポイントの付くもの。ショッピングセンターとの提携カードや交通系との提携カードなどがそれです。同じ金額を支払うのなら付加価値の付いている方が得だと思いませんか?日々の買い物も数百円であってもクレジットカードで支払います。塵も積もれば山となるで、年間でかなりのポイントがたまります。例を挙げると、航空会社との提携カードでポイントをマイレージに交換するのですが、1年で東京大阪間の往復航空券が手に入るくらい貯まります。冒頭にも書きましたがお勧めできるのはお金の管理がきっちりできる人限定ですのであしからず。

私のおすすめカードはエポスカードゴールドです。エポスカードゴールドは通常年会費5000円ですが、通常のエポスカードに入会してからインビテーションを受けてゴールドに切り替えれば、年会費はずっと無料です。インビテーションの条件はよく分かりませんが、私の場合は毎月2万円程度を1年くらいカード決済していたら、インビテーションが郵送されてきました。もちろん支払の遅延はありませんでした。ところで、エポスカードゴールドの何がいいかというと、20か所くらいの空港ラウンジを無料で利用できることです。頻繁に飛行機を利用される方は、少し高い年会費を払って、航空会社系のカードにするほうがお得かもしれません。しかしながら、飛行機の利用頻度が多くなく、航空会社系のカードは年会費とサービスが釣り合わないと思いながらも、ラウンジを利用したと考えている方には、エポスカードゴールドはとてもお得であると思います。

店舗でお買い物する時に便利なのがクレジットカードです。何と言っても小銭を出すことなくサイン一つで支払できる利便性に魅力があります。通常はレジでカードを提示する際に1回払いを指定します。その他にも都合に合わせて2回払いやボーナス一括払い、分割払い、リボ払いなどで支払する事が可能です。このうち余裕のない時の支払に便利なのがショッピングリボ払いです。リボ払いでは毎月最少の支払額が設定されると言う特徴があります。定額コースなら追加でお買い物しても毎月の支払額が変わらないために支払しやすいです。その代わりに年15.00%ほどの手数料が掛かります。最少の支払額のままだと支払終了まで長期化しやすいため、小まめに追加支払したいところです。

多くのクレジットカードは、使用に応じてポイントがたまります。頻繁にクレジットカードで支払いを行う人にとっては、とても嬉しいサービスです。特に最近は、ポイントの活用方法が幅広くなり、他のポイントと交換できたりします。自分が良く使うポイントに交換すれば、実質的に現金として使えるようなものですから、お得感も満点です。以前はクレジットカードのポイントと言えばプレゼント交換が主流でしたから、それを思えばクレジットカードを上手く利用して、ポイントをためたくなるものです。公共料金や通信料金などもクレジット払いすることで、ポイントがためられます。毎月支払うものであれば、年間にすれば結構な金額になります。賢くクレジットカードのポイントをためる方法として、おすすめです。

どのような金額を使っているのか、一部のクレジットカードではメールによって通知してくれるサービスが用意されています。通知してもらうことによって、どれくらいの金額を使っていて、現時点で利用している金額がどのようになっているかもわかります。クレジットカードを利用しているときは、こうしたチェックをしていかないと、失敗する可能性があります。使いすぎを防ぐために利用することもありますし、使っている金額をある程度に制限して、それ以上は絶対に使わないようにする取り組みをするために、この方法を使う場合があります。クレジットカードで利用しているメーカーはあまり多くないものの、採用されているところなら安心感が生まれます。