クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードとカードローンは似ているようで、全く別物です。クレジットカードは、基本的にショッピングクレジットが中心です。商品を購入する際、一旦クレジット会社が代金を立て替える形となり、その場での支払い無しで商品を手に入れることができます。カードローンでは直接商品を購入することはできません。必要な金額の借入をした後、そのお金で購入する形となります。クレジットカードにもキャッシング機能を付帯させることもできますが、金利が高めです。また、クレジットカードには年会費があるものとないものがありますが、カードローンには年会費はありません。ショッピングやトラベルなどにはクレジットカード、まとまった軍資金の借入ならカードローンが適しています。用途に応じた使い分けが大切です。